忍者ブログ
[34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 腰痛でしばらく釣りに行けそうもないので しばらくはコラム風の雑談を書きます。
 
 これは私の釣り方で ベテランで上手な方から見れば テキトーな事書くなと言われてしまいそうですが、怒らないで下さい。
 これから紀州釣りを始める方 始めたけど戸惑っている方向けです。
 
棚とり
 
 釣り場で準備をした後 棚とりオモリで 棚を取っている人を見ますが 私は団子を投入しながら徐々にとって行きます。
 
 私の場合 寝ウキを使うのでオモリは使いません。ですので 投入前は予測した水深よりかなり長く 浮き止めの位置をとっておきます。
 浮き止めは目立つように ひげの部分を長く残して(各2センチほど)下さい。浮き止めが見える言う事が大事です。(ウキ止めウーリーが使いやすいです。)
 
 ダンゴ投入ポイントにウキが立った状態でダンゴが沈んで行き 着底した時の ウキとウキ止めの距離を確認しておきます。 
 棚が合うまではウキから穂先までの道糸を 海面に やや張り気味にしておきます。これでウキ止めがシモリ玉に当たっていなくても アタリがあればウキが立ちます。
 ウキのまわりの波紋に注意してください。魚のひれが起こす水流に反応して起こるものです。これが出て来たら、アワセの準備をしておいてください。
 
2投目に先ほど目測したウキとウキ止めの距離分  ウキ止めを詰めます。うまくいけば3投ほどで、棚は取れます。 

1投目にウキが深くまで沈んでしまうと ダンゴが割れた時に 魚がいても喰ってきません。 ウキ下を長く取って 喰ってくる可能性を上げましょう。 1投目で喰ってくる事はよくあることです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
マッハ
性別:
男性
職業:
自営業
自己紹介:
紀州釣りは10数年
落とし込み歴6年
ルアー釣り6年目
40代のおっさん

justicejustice1をフォローしましょう
最新CM
[02/23 マッハ]
[02/15 やっちい]
[10/10 釣り情報Gman.jp]
[09/30 igaiga]
[06/01 たけと]
[09/15 マッハ]
[09/15 厳島]
ホームページへのリンク
訪問アングラー数


アクセスランキング
ツイッター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
忍者ブログ [PR]