忍者ブログ
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9月23日 (火)

65cb37a4.jpg釣りの準備のたびに気になっていた これ。

1年前にダンゴ週間とかで安くなっていたので買ってしまい置きっぱなしになってしまっていました。

今日は使ったこともない このダンゴ材で紀州釣りです。
久々なので 何を準備して良いやら オタオタしてしまいます。

午後3時半に家を出発。
途中 付け餌とゴム管を買いに釣具屋へ。

入店するとすぐに顔なじみの店員さんが寄って来て 
店員:「がまかつのトレブルフック買いません? 私の企画の安売りで 今から値札を貼るんですよ。お客さんなら特別安くしますよ。」
私:「一箱(¥331)いくらになるんです?」
店員さんが耳元で囁く:「100円でどうです。」
私「買いましょう。3箱下さい。」
それとメバル用のトレブル18本入り¥1040を¥300にしてもらいました。
釣果情報を交換して入るうちに長話に・・・しまった遅れてしまった!
あわてて目的地 地御前漁港へ向かいます。
もっと買っておけば良かったと 運転しながら後悔。

4283543f.jpg満潮潮止まり5時着。
意外に人が多いです。
しかも 2日前の濁りがまだ抜けてません。
これは・・・だめかも。




DSCN0004.jpgいつもの大ちゃん寝ウキ万能タイプ。
寝ウキの中でもベストバランスの秀作です。
風も無く穏やかなのでウキ止めは無し。





0cdf1ebf.jpg時間が少ないのでダンゴはいつもより大きめ。

マズメの一番良い時間にもかかわらず本命どころか餌取りの動きも ウキに出ません。
しかし何が起こるかわからないマズメ 神経を集中します。
以前ここで、マズメ30分で30UPを10枚取った事もあるからです。




・・・・逆転 起こらず。

今日の釣果 安売りトレブルフックのみ。


ポチッと押すとやる気が出ます ⇒ にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
瀬戸内・山陰の釣りはこちら   ⇒ FULLBEND

PR
11月4日 (日) 地御前漁港 (満)18:25

3時前から釣りを始めるも、1時間経っても餌取りのアタリも無く・・・
やっと釣れたのが、いいサイズのフグ・・・・。
071104001.jpgそれからしばらくしてやっと本命、といっても手のひらサイズのかわいい子でした。
結局この1枚だけ。
今年のチヌはもう終わりかな。

メバルのシーズンまで、もう少し。
メバリングが楽しみです。
ポチッと押すとやる気が出ます ⇒ にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
10月28日 (日) 草津漁港 干潮(16:58)

071028001.jpg今日は風が強いので、地御前漁港の予定を変更して、草津漁港内湾で紀州釣り。
3時半現着。
昨年落とし込みに来た時に、ダンゴで40upを3枚釣った人を見かけたポイントです。

サビキに投げ釣りと、かなりごった返していましたが、何とかポイントに入る事が出来ました。

071028004.jpg風は強いけれども、ウキとラインはコントロール出来ない程ではありません。

腱鞘炎の右手で一生懸命ダンゴを打ち返しますが・・・


071028006.jpg
釣れるどころか、寝ウキに餌取りの反応も無く・・・





071028003.jpg釣れそうもないので、早めの5時納竿です。

終わる直前に、ラバーフェンダーに根掛りした電気ウキを発見!
玉網で回収すると、太刀魚仕掛け一式が付いてきました。
本日の釣果?です。




ポチッと押すとやる気が出ます ⇒ にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ


10月21日 (日) 地御前漁港 満潮(18:19)

久々のダンゴ釣り。場所は地御前漁港波止、外向き。

昨年の紀州マッハ攻め深場が3/4袋残っているので、年内に使わねばと思い今日はダンゴ釣りにしました。

て言うか、今日は潮が悪い。若潮で動かない方の潮。
私の腕ではルアーでチヌを狙うのは無理!

で、得意のダンゴ釣りと言う訳です。

目標は、マヅメでの大型か、小物二桁。


予想通り喰いが渋くアタリが出にくい。まともにあわせたのは2枚だけで、ほとんどが聴きあわせ状態でした。

1mのはわせ幅を50cmに、それでも出にくいので、1投 5cmづつ詰めて行き結局20cmほど底を切る釣りに・・・。
マヅメ前に大型狙いで徐々にはわせ幅を長くとっていきました。

071021001.jpgで結果は、小物7枚。
目標達成ならず。

22cmを筆頭に、手のひらサイズばかり。

やはり潮が悪くて、サヨリも釣れておらず、サビキにイワシ、アジも釣れていない状態での中での釣果なので、上出来かな?

久々にゆったりと釣りを楽しめました。

タチウオの回遊があるようで、夕方には太刀狙いの釣り人もちらほら見かけました。

本日のタックル
竿   : 磯竿1.0号 5.3m
ハリス : フロロカーボン1.5号 2ヒロ
ウキ  : 大ちゃん寝ウキ  スティックダンゴ
リール : シマノ 2000番
道糸  : PE1号 (ラインの補充を忘れてシーバス用を流用。本来ならフロートラインのナイロン2.5号を使います。)
ダンゴ材: 紀州マッハ攻め深場
刺し餌 :ヒロキュー 生イキくんL


ポチッと押すとやる気が出ます ⇒  にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ


明日は、いや、今日は午後4時位から、地御前漁港で紀州釣りの予定です。

今日の午後から嫁が車を使うといっていたのだが 「長いこと釣りに行ってないから行ったら?私はバスで行くから。」とありがたい言葉!  感謝します。
 
ということで 急きょ釣りに行く事に。慌てて支度して近場の地御前港へ。
 
jigozenn11051.jpg 2時に現着。周りを見ると人は多いが チヌ狙いの人はいない。
投げ釣りや サビキで釣っている人が多い。特にサビキには、イワシのぼりと言えるくらい 鈴なりに釣れている。

釣りを開始して45分 何の前触れも無く 寝ウキがスパッと入り すごい勢いで入っていく 青物!?と思ったのだが コノシロでした。
 
釣友も加わりさらに1時間。 ウキに変化が 波紋が立ち始める が 待ってもいっこうにウキは立たず。
3分は待っただろうか 回収しようとリールを巻くと    釣れてる いや 着いてた しかも本命のチヌ! 

tinu11051.jpg 24センチでした。
 
釣れたというより 着いてたと言う事に不満そうにしていると 「釣れたんじゃけー ええじゃないか!1匹は1匹よ!」
そう 釣友はまだ釣っていない。
 
”釣れた じゃなく 釣りたいんじゃ・・・”と心の中で思いつつダンゴを打ち返すも またアタリは遠のき・・・。
 
納竿予定30分前の 4時半 ウキが ”カツン”と一瞬入る。 本アタリに備え 立ち上がって糸ふけを取り構える。   
ウキが”スルスルー”と入っていく 持ち重りのするマイロッドがうなる ”ブン”       乗った!
結構引く 30センチは超えているだろうと思ったが 浮いてきたチヌを見てがっかり 小さい・・・。
tinu11052.jpg 26センチでした。丸々と太っているので大きく感じたのでしょう。下の24センチと比べても大きく見えます。




jigozenn11052.jpg結局この2枚で 5時に納竿。
暖かいとはいえ もう11月。暗くなるのも早いです。
そろそろ チヌ釣りもほんとに終盤。
もう1回は 釣りに行きたい。なんとかデカチヌの顔を見たい。休みには釣りにいけるよう 明日からまた仕事を頑張らねば! 





 

10月15日

山口 岩国港新岸壁に行く予定で 午後2時自宅を出発。
途中釣具屋で、いつもの紀州マッハ攻め深場と、カニ10匹を買い現地へ向かう。

1時間少しで到着したが、なんと警備員がいて進入禁止になっている。
波止ガイド100を見てきたが はじめて来たので なぜなのかはわからない。

大竹 佐方港まで戻ろうかとも思ったのだが 岩国港へ戻り周辺を見てみると コンテナ船か作業船が停泊している港がある。
釣りをするにはもってこいの場所 でも釣り人が1人もいない 船の関係者が 2, 3人いるだけだ。

チヌのいる場所かどうか分からないので ヘチ釣りで愛用しているメバルロッドを取り出し 落としていってみる。
針掛りはしなかったが、10分で2度のアタリ。チヌはいる。ということでここに決定!

しかし ダンゴを打ち込む事1時間 餌取りのアタリすらない。ヘチに切り替えようかと思っていると 寝ウキから波紋が立ち始める。
やっと魚の気配が感じられたが 波紋が立つばかりで大きな変化がない。だが刺し餌は取られる。

餌取りの正体を確かめようと、棒ウキに変えてウキ下を棚トントンに すると ウキのトップが早く短いピッチで コツコツと動いてる。
刺し餌がなくなる前に そっと仕掛けを回収してみると オキアミがボロボロ 小さな口で餌をつついてる感じ。
おそらくものすごく小さなフグか カワハギ。
結局 餌取りすら釣れずこれ以上 ダンゴでやっても無駄と判断し ヘチに切り替える事にした。

ヘチに切り替えてすぐの2投目 落ちていくラインが瞬間的に止まり 3センチほどするっと速く引き込まれたような・・・。
以前話した ん?というアタリである。”このまま落としてはダメだ聴いてみるんだ”と頭で言い聞かせ 落とすのを止めてみる。

いた!  すばやくアワセを入れる。あわせた瞬間に小さいと分かったので、落ち着いて浮かせ ごぼう抜き。
上あごの皮1枚 かろうじてかかってました。あそこで止めていなければ 吐き出して釣れていなかったでしょう。
26センチのチヌでした。
tinu1.jpg  
坊主を逃れたと言う うれしさより あの微妙なアタリを拾ったという喜びが大きく 自分に感動!

この後、岩国港ではアタリがなくなり、場所移動した 大竹 佐方港でもアタリもなく 暗くなりラインが見えにくくなった所で納竿しました。

釣れたのは1匹だけ。
ほんとにこの秋は 釣れんな~!

プロフィール
HN:
マッハ
性別:
男性
職業:
自営業
自己紹介:
紀州釣りは10数年
落とし込み歴6年
ルアー釣り6年目
40代のおっさん

justicejustice1をフォローしましょう
最新CM
[02/23 マッハ]
[02/15 やっちい]
[10/10 釣り情報Gman.jp]
[09/30 igaiga]
[06/01 たけと]
[09/15 マッハ]
[09/15 厳島]
ホームページへのリンク
訪問アングラー数


アクセスランキング
ツイッター
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
忍者ブログ [PR]