忍者ブログ
[102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [93]  [92]  [91

7月22日 (日) 小潮 20:32干潮

夕方、地御前カキ打ち場裏の干潟で釣友と待ち合わせ。

向かっている途中で先に着いた釣友からTEL、まだ潮が高くて干潟が出てないとの事。
それではと、太田川放水路河口へ寄り道。

ポッパーでは何も出ず。
ショアラインシャイナーに変えて、水面下30~40cmを時折トゥィッチを入れて引いてくる。
上流へ歩きながら20分ほどキャストを繰り返す。

10mほど沖で、突然 ゴン! リールが巻けなくなる。
浅い層を引いてきているので根掛りではないはず、でかいゴミでも拾ったかと思った。
!!ゴミがゆっくり重く引っ張る!
この感触!嫌な予感!!
ゆっくり寄せてくる。お重い~!!

見えた。やはりエイだ・・・。
寄せてくる力と、エイの引く力が同じくらい。同じところでパタパタ羽ばたいてる。よく見るとラインが腹の方へ入ってる。

く、喰ってきたのか?エイってフィッシュイーターなの?
もしかして前に掛かったエイもバイトしてきたのか?
・・??・・・? と考えていると 

パァン!! すごい音でラインブレイク。

ああ~!お気に入りのショアラインシャイナーがぁ~!!

テンション ガタ落ち、すぐに地御前へ移動。

が、
0707222.JPGこっちもこの状態
潮廻りが悪いのか、干潮2時間前でもこの状態。
皆さん良くご存知で、ウェイディングに来た人は一人もいない。
仕方なく堤防の上からキャストする。


0707223.JPG2時間続けるが 釣友に1度アタリ、フッキングに至らず。
私はフッキングするもバラシ。しかも30センチほどのセイゴかボラのスレ掛かり。
で、又移動。
御手洗川河口へ ここはそこそこ干潟が出ていたのでウエイダーに着替えてMリグ釣行。
0707221.JPG
今日はエイ対策を少ししてみた。
厚みのある水切りトレイ(100均購入)の底を足型に切り取って、ウエイダーの靴の底に敷いた。
膝下に新聞の束を巻いて、ガムテープで固定。
ホウキ(100均購入)のブラシ部分を外して、柄を杖のように突いてエイの存在確認に使う。
これで絶対安全!とは言えないが、気持ちの問題ということで・・。

今日もエイをフッキングさせたばかりなので恐るおそる入水。
しかし、先ほどの所と違い魚の気配がしない。
100m近く沖まで来たが、生き物を見ていない。
ボイルどころか、ボラも跳ねない。
底質はとてもいい感じなのだが、アタリもないし釣れる感じもしないので30分で納竿。

またしても、ボウズだった。


ポチッと押すとやる気が出ます ⇒ にほんブログ村 釣りブログへ


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
マッハ
性別:
男性
職業:
自営業
自己紹介:
紀州釣りは10数年
落とし込み歴6年
ルアー釣り6年目
40代のおっさん

justicejustice1をフォローしましょう
最新CM
[02/23 マッハ]
[02/15 やっちい]
[10/10 釣り情報Gman.jp]
[09/30 igaiga]
[06/01 たけと]
[09/15 マッハ]
[09/15 厳島]
ホームページへのリンク
訪問アングラー数


アクセスランキング
ツイッター
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
忍者ブログ [PR]