忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6月17日 (日)

チヌゲーのイベント
C-CUPが復活するそうです。

主催者の方々には頭の下がる思いです。


私は最近土曜日と言わず日曜まで仕事をしているので
参加できそうもありません。


参加できる方はぜひとも チヌゲームのお祭りを楽しんでください。


詳しいことは、こちらの大会ページを御覧ください。

C-CUP2012 オフィシャルサイト



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
 
PR
5月27日 (日)

この日も干潟へチヌゲーへ。

今回もアオサとの戦い。

前と違うのは 負けの判っている戦い。

だって
d4a8c94d.jpeg

これだもん・・。

腰までつかって40分 
通せそうなポイントを探し回るも

そんな所はない。

もう干潟でチヌゲーは無理ですね。

少しでも流れのある、河川に行くしかないかもしれません。

根掛かりが多いので嫌なんだけどなぁ~。


ただこのアオサのお陰で小さなベイトが沢山います。

シーバスがボコボコ、ライズしてました。

表層系のルアーでこれを狙うのもいいかも。


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
 
5月25日 (金)

リグ本体が完成したら

フックアイの付け根に ラバーを結びつけます。
5bacc0cf.jpeg

チヌはなぜか、このラバーのもじゃもじゃにひかれるようです。

色は反応の良いグリーンと
Mリグでは定番だったオレ金(オレンジゴールド)
配分は適当です。

派手な色はトレーラーで使えばいいので
地味な色を使うほうが汎用性がよろしいかと思います。

フックを取り付けてチヌリグの完成です。
d5b312ed.jpeg

フックは、カルティバのトラウト用S-75M
#1と#2を使っています。

フックサイズの違いはこんな感じです。
f314ed0e.jpeg

トレーラーとなるワームは
フロートタイプを使うと根掛かりにくなります。

本体に色をつければいいのでしょうが
面倒くさくてやってません。

ペイント缶にドブ漬けして吊るして乾かせば出来ますので
時間のある方はやってみてください。


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

 
5月20日 (日)

私の自作するリグは 金型を作らないので一つ一つ手作りで作っています。

まず型取り  
667e3219.jpeg

どのような形にも作ることが出来ますが
根がかり一発で消えてなくなるものですので
短時間で簡単に作れる形態にしています。

もちろんメーカーの物を完コピも出来ますが
さすがにそれは・・・

型どったものに湯口を付けて砂型埋没材に埋没。
41381cc4.jpeg

型を焼成して、開いた空間に鉛を鋳込みます。

圧をかけて鋳込むので型取りがそのまま正確に再現されます。
5b60dd41.jpeg

掘り出して湯口を綺麗に取って
リグ本体の完成です。
2b2e7de4.jpeg

455002d7.jpeg


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

 
5月6日 (日)

干潮後3時間の午後7時 御手洗川河口域。
acaad2cb.jpeg

到着時間には、もうここまで上げてきていました。

沖の牡蠣ひびは、ほぼ水没。

あそこへ行くまでに、リバーチャンネルがあるので、もう行けません。

手前は砂泥ではなく砂地、そしてアオサの多い地帯、
厳しい状況ですがせっかく来たので入水。

といってもこれは予想していた事です。

ここにはあまり来ていなかったので、時間帯と潮位を見たかったというのもあります。

というのは、ホームの地御前河口域が、
この冬の大雪の為か泥質が多いのです。、
その為、地盤が柔らかく膝まで沈んでしまう所もあり、浸かりにくいのです。

動きにくい、脱出経路も立てにくい、
とても入りにくい場所になってしまいました。

で、今年はあまり知らないここへばかり来ています。

こちらは入りやすいのですが
地雷も多いので、いつも以上に注意はしています

今日はアオサとの戦いでした
fc1cdfc3.jpeg

予想通り一度もバイトはなく納竿。

3cc81233.jpeg

でも赤い月がとても綺麗な夜でした


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

 
4月29日 (日)

干潮2時間前の午後7時 御手洗川河口域へ

珍しく先行者さん 3名
e13ab1a1.jpeg

おそらくシーバス狙い

干潮前とあって、牡蠣ひびの前に出なくてはならず、
ここといういうポイントもなく、辺り一面を打っていきます。

小潮であまり潮も動かず、1時間全くバイト無し。
今日はダメな日か、と半ば諦めていたのですが

ファーストバイトからそのまま乗ってきたチヌを1枚捕獲 37cm
7eee9661.jpeg

ネットインした直後フックオフ。
持っててよかったラバーネット!

ルアーは自作リグにスナップも自作。
32f24960.jpeg

約10分後に、またファーストバイトのまま喰ってきたのは、
キビレ 35cm

これは上顎、硬い口蓋から外側まで貫通するベストフッキング
267ca6d2.jpeg

58749582.jpeg

ネットがあるからフィッシュグリップはいらねぇ~!
と思っていましたが。フックを外すときに必要でした

今年からトラウトフックに変えてみました。
形状もチヌ針の軸が太くなったような感じで、実に掛かりが良いです。

ただ唇に薄く掛かることも多く、簡単に外れることも多いです。

トラウトフックを使っているチヌリグを使用する際は、
ネットを持っていくことをお薦めします。

これはチヌが、牡蠣ひびに付いたフジツボを小削ぎとって喰った痕です。(白くなっている所です)
4b9118c2.jpeg

牡蠣ひびとは こうしてホタテの殻を重ねて吊るし、
77534d0f.jpeg

牡蠣の種付けをするところです。
1c6faeb5.jpeg

稚貝が付いたら沖の牡蠣筏に持っていきます。



できたら連休中にもう一度行きたいですね。

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
 
4月12日 (日)

前回と同じく、同じ時間、同じポイント、
同じ干潮から上げへ2時間のタイミングでチヌゲー釣行をしてみましたが・・。

前回と違うのは潮が大きいということ。

アオサもまた少し増えました。
5b09a2fe.jpeg

前回調子の良かった立ち位置は、既にへそまで上げてきています。
2d8b7107.jpeg

昨日の雨のお陰で程よく濁りは入っているものの、
まだまだ、明るくバイトもありません。

大潮なのでガンガン上げてきて、立ち位置も後方に。

しかし、ここの後ろには敷石が積まれていて
この上に上がれば陸っぱりも出来ます。
ffbefaa4.jpeg

でも今日はせっかく用意した
3f4250aa.jpeg
これが使いたくて
ギリギリまで粘りましたがバイトすら無く

結局敷石の上へ・・
c99bbe71.jpeg

まだ明るいのに、あれよあれよという間にここまで上げてしまいました。
fc9fba6f.jpeg

あまりにバイトがないので目立つピンクに変えると、
73b77b50.jpeg

一撃でフグの餌食に。

バンザイ太郎に変えて、フグだか小チヌかのバイトが一度あっただけ。
a9fe1ca8.jpeg

潮が多量のアオサ地帯まで上げてしまったので、納竿。

期待が大きかっただけにガックリでした。


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

 
プロフィール
HN:
マッハ
性別:
男性
職業:
自営業
自己紹介:
紀州釣りは10数年
落とし込み歴6年
ルアー釣り6年目
40代のおっさん

justicejustice1をフォローしましょう
最新CM
[02/23 マッハ]
[02/15 やっちい]
[10/10 釣り情報Gman.jp]
[09/30 igaiga]
[06/01 たけと]
[09/15 マッハ]
[09/15 厳島]
ホームページへのリンク
訪問アングラー数


アクセスランキング
ツイッター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者ブログ [PR]