忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1月23日(日)

1月も後半になりました
メバルのスポーンも終わり始める時期ですね
メバリングの準備はお済みでしょうか

今年はワームだけでなく ハードプラグも使ってみてはどうですか

私のメインルアー
ジップベイツ リッジ 35SSと35F
これはもう餌です

ワームをメインに使われる方には
是非とも トップルアーをお薦めします
ジグヘッドでは 浮くという演出はできませんからね
今はスミスのシラスミノー・リップレス・フローティングを使っています
同じスミスのメバペン・メバルより反応がいいように思うのですが・・


そして今年試してみたいのはコレ!
蝉パターン!!
当たれば爆釣らしいです
ちなみに これはスミスの美蝉(ビセン)です

楽しみです!

  広島ブログ
PR
5月4日 (火)

今日は 干潟でチヌゲーをしようと準備していたのだが
釣友からメバル釣りに行こう!とお誘いが

現地集合と言うことで 支度し直し出発
釣士田港へ


着いてすぐに いつも取りあえずやってみるポイントで
明らかにルアーマンのゴミ
何でこれくらいが持って帰れないのか!

2ポンドなんて細いライン使ってるから 脳みそまで細くなっちゃうんだよ!!
あ、俺もか・・。
取りあえずゴミをバッグにしまって気分悪くスタート

釣りも 気分が悪くなるほど釣れない

一番大きいサイズも
この 16.5cm
ボコボコ釣れていた小メバルさえ ポツリポツリ

ポイント移動したところで シーバスにリッジ35Fを持っていかれる
走るだけ走ってラインブレイク

後で釣友がこのポイントで メーター近くありそうなシーバスを目撃
そりゃ~無理だ!

結局まともなのを見たのは 釣友の釣った

22cmのカサゴ
餌釣りです

う~ん メバルも もう終盤かな


瀬戸内・山陰の釣りはこちら   ⇒ FULLBEND
      広島の方は            ⇒ 広島ブログ


5月2日 (日)

メバリングへは4月にも行ったことが無いのに5月に突入です

1週間おきにバイト数が減っているのを感じます

倉橋の早瀬の大型船が止めてある港から開始しました
バイト少なし!

ここでは たったの3バイト
すべてかけて3尾
最大が15cmで あとは小メバル




釣士田へ移動
さすがにGW いつもガラガラの波止に10人近くいます

潮の動きは鈍いですが 風もなくとても穏やか
メバルは凪を連れって言うくらいですから好条件のはずですが
バイトが殆どありません

あっても掛からず 手応えも小メバルサイズ

波止内をあちこち動きまくり
ピノキャロやミノーを引倒してもバイトなしです

こう反応がないと さすがに飽きる・・・
ライズはありませんが気分転換にフローティングペンシルでトップ試してみる事に

沖にキャスト 波止際から5mラインまで引いてきたところで ガボッ!
弾かれた! デカイ!

メバルが反転して見上げたであろう瞬間を想像して
チョンとワンアクション
ドバコッ!!

ラインが走る
掛かった!  
ここで慌ててはダメ ティップに重みが乗ってからスウィープにアワセる

久しぶりに聞いた チキチキチキッ! とドラグ音 

今期最大24cm

そして 自画撮り

失敗・・・


その後 トップで17~20cmサイズがポツポツ釣れ

再度 自画撮り

失敗・・・


満潮前にピノキャロで釣れはしますが小型ばかり

そろそろメバルも終いなんでしょうか?


瀬戸内・山陰の釣りはこちら   ⇒ FULLBEND
      広島の方は            ⇒ 広島ブログ


4月18日 (日)

今週は 仕事が非常に忙しくて倉橋の南側まで行く気がおきず いつも通り北側の Uの波止へ

今日はピノキャロ + 極小ジグをメインに実釣

釣り場ではあたり一面 ピチャピチャとライズしてる
しかし メバルではなく大量のイワシらしい

ベイトはベイトだけど・・あまりの群の大きさ おまけにフィッシュイーターに追われてるという気配がない

干潮地合いということもあって キャストを繰り返しても釣れない

やっと釣れたのは
極小ジグも違和感ない 極小メバル

試しに使ったメバペンソリッドで 二尾
これも極小
一時間半でこの三尾・・。

この場所は諦めて 釣士田へ移動


ここではバイトはあるのはあるのだが
フッキングしない

一時間ほど投げ続けたがフッキングには至らず
良さそうなサイズがライズし始めたのでトッププラグに変更

ライズを待って ライズした先にキャスト
ゆっくりその場所に通す

一撃!  
20cm

そして数分で 17~20cmを4尾ゲット
満足!

でまた極小ジグに
私にしては粘り強く続ける

敷石のかけ上がりの所でバイトが多いので 重点的に攻めていると 
ひったくられた 
慎重に取り込んで
今日一!
21cm
かろうじて掛かってるように見えるでしょう?(画像クリックで拡大)
これが外れないんですよ!
て言うか 外すのが大変


極小ジグで釣れたのでホッとして プラグに変更

得手不得手というのがあるんでしょうか・・・

プラグだと釣れる


でも今日は 苦手のキャロ 
そして極小ジグで釣れた

この一尾でご満悦!!


瀬戸内・山陰の釣りはこちら   ⇒ FULLBEND
      広島の方は            ⇒ 広島ブログ


4月11日 (日)

今日は うっとうしい雨の間隙を縫い アジングをするつもりで倉橋の南側に来てみました

本命にしていたK波止の少し手前の小場所で ちょこっと釣行

2連発でマイクロガッシー
見えているメバルには ことごとくスルーされ移動


本命ポイントへ
餌釣り師さんがひとり
「アジは駄目です」 だそうです

それではアジングの前にメバリングでも
と アジングタックル(ピノキャロ)で一投目
着水とほぼ同時に 20cm位

メバリングタックルに持ち換えて2投目
着水後 糸ふけを取った瞬間に
これまた 20cm級

3投目は着水して糸ふけだけ取り リッジ35SSをドリフト
20cmクラス 3連チャン!


この波止スゲー!!
と驚いたのもここまで 後はパッタリ釣れなくなる

でアジングに切り替え 苦手なキャロを投げ続けるも ボトム付近にまで子メバルが・・

そして雨がポツポツ・・

メバルタックルにして ルアーをメバペンソリッドに 
(3匹目に釣ったメバルが 小イカを5匹も吐き出してたんですよ)

小メバルのライズしている下を ドリフトさせながら沈めていくと
ラインがピッとはしる 
軽くアワセて
何とか20cmサイズを取り込む

もうこの時には土砂降りの雨
デジカメがヤバいので 急いで車へ戻る

止む気配もないのでそのまま納竿
結局広島に帰るまで 豪雨は続きました

キャロが苦手な私ですが 今日はアジングに向け キャストの良い練習が出来ました


瀬戸内・山陰の釣りはこちら   ⇒ FULLBEND
      広島の方は            ⇒ 広島ブログ


3月28日 (日)

前回 いい思いをした倉橋
また来てしまいました

前回とは逆順 釣士田港から始めました

風も弱く 潮もいい感じ
なのに渋いです

ポツポツは釣れます
1尾目は 20cmサイズ
ひれピンのいい型です

喰いは浅くフロントフック1本

サイズの小さいのが混じりながら
何とか持ち帰りサイズを5尾ゲット


全部かかりが浅く
リアフック1本っていうのが多いです

ピノキャロに変え深めの棚を探ると
極小!
小さいのを避けるために 長めのワームにしてみたんですけどね・・・

下げに入ると極端にバイトが減ったので移動



前回好調だった Uの波止へ

が ここはもっと激渋
姿は見えるのですが 反応が薄い
プラグには見向きもしません

ワームを使えば赤ちゃんサイズ

結局 納竿


今日は何尾釣れたのか しっかりカウントしました

釣れないと思いながらも 26尾

結構釣ってるものなんですね

前回は一体何匹釣れたのでしょうか
感覚的に 3倍以上釣ったような気がしています

数よりも 尺メバルというのを拝んでみたいのですがね・・


瀬戸内・山陰の釣りはこちら   ⇒
 
FULLBEND
      広島の方は            ⇒ 広島ブログ
3月22日 (月)

倉橋でメバリング釣行
Uの波止に来てみました
少し前まで常夜灯が切れていたのですが直ったようです

到着してすぐにメバルがライズしていたのですが
ここは満潮時20mという深さ 
既にメタルジグを装着していたので 
取りあえず足元ジギングで1匹 

トップペンシルのメバペンメバルに付け替え
すぐにバクッと 17cm

トップなのにそこそこサイズ
イカパターンか?
しかし メバペンメバルに喰い付いてきたのはこれ1匹だけ

メバペンソリッドに換え少し沈めてみる

ん?  喰わない

定版リッジで・・・反応しない
が ひっきりなしにライズを繰り返してる

海面をのぞき込んで見るがベイトらしきものはいない

アミパターン?  私の引き出しにアミパターンはない・・・
どうしよう?

!! トップルアーのシラスミノーリップレス フローティング 
たしか持っているカラーが クリアーにラメの赤い斑点
これならアミに見えなくも無いでしょう!

これが大当たり! 釣れるは釣れる!

ほぼ 1投1尾

釣れなくても 5バイト6バイト当たり前!
奪いあうようにアタックしてくる
まるでサビキ釣りのよう

13cm前後と小振りだが楽しい
2時間で 40匹近く釣れた

1gのジグヘッドワームで 水面直下の早引きでも ボコボコ釣れる
釣れなかったミノーでも 竿を立てて引き波をてるくらいに浮かせると喰ってくる
とにかく トップか水面直下 少しでも沈めると喰ってこない 限定的な入れ喰い

楽しいんだけれども2時間も釣ると さすがに飽きる・・(贅沢?)

で移動 いつもの釣士田港へ向かう
ここでは 打って変わって激渋

ワームを使うと5~6cmサイズは釣れるのですが ミノープラグには反応薄

トップなら若干反応有り
シラスミノーリップレスで何とか持ち帰りサイズ


18cmと19cmを捕獲して 納竿

楽しい釣りとなりました


瀬戸内・山陰の釣りはこちら   ⇒
 
FULLBEND
      広島の方は            ⇒ 広島ブログ




プロフィール
HN:
マッハ
性別:
男性
職業:
自営業
自己紹介:
紀州釣りは10数年
落とし込み歴6年
ルアー釣り6年目
40代のおっさん

justicejustice1をフォローしましょう
最新CM
[02/23 マッハ]
[02/15 やっちい]
[10/10 釣り情報Gman.jp]
[09/30 igaiga]
[06/01 たけと]
[09/15 マッハ]
[09/15 厳島]
ホームページへのリンク
訪問アングラー数


アクセスランキング
ツイッター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
忍者ブログ [PR]